wkpmm

わくぺめも

EXILE THE SECOND"Highway Star"を聴いた

音楽に触れるときは、「初めて」のときの感想をできるだけメモしておいてる。毎回できてるわけではない(というかできてないことが多い)んだけど、せっかくなら、ここにもログとして置いておいたら面白いかなと思って。

全体的に、ものすごく面白いアルバムだと思った。今の彼らに「できること」を無理なく詰め込んでいるんだけど、その「できること」の範囲が広いがゆえに、聴きやすいのに翻弄される感のある一枚になっているなあと。じっくり味わっていきたい。

以下、アルバムを一周しながらリアルタイムにだーっと書き散らしたメモです。

EXILE THE SECOND "Highway Star"

Amazon

iTunes Store

Highway Star

Highway Star

  • EXILE THE SECOND
  • J-Pop
  • ¥2100

1. Route 66

  • やっぱり幕開けにふさわしい
  • 上がる
  • 『Life is 山あり Life is 谷あり』って歌詞が天才すぎる
  • この歌詞だけでもノーベル賞ものだし余計な悩み事が霧散していくのを感じる
  • もうなにもかも楽しくなっちゃうな
  • シングルとしてよくできてるしアルバムの幕開けとしても完璧に機能してる

2. アカシア

  • からのアカシアやばすぎるな……
  • なんだこの振り幅
  • Bメロのフレーズ、Diana Kingの"Shy Guy"を彷彿とさせてウオオオオってなった
  • ていうか確実にオマージュだよね?
  • 小さい頃に「カッコイイ!」と思ったあの感覚が今よみがえった、という感じがして嬉しくなった
  • 名称あるのかわかんないんだけど、サビの終わりの小節いっぱい最後の一拍まで音が詰まってる曲がすごい好き
  • アウフタクトで入って『アカシアが舞い散る』で8拍使い切って次の小節の頭から間奏に入るっていう……(伝われ)
  • ドキドキリスク!!!
  • 恋のポリリズム!!!
  • まるで恋だね〜〜〜!!!
  • こんなどエロい曲調でこんな歌詞差し出されて好きにならないわけがあるか
  • この空気感はセカンドにしか出せないなと感じる
  • けど、けどGRが歌っても面白いって思うんですよね
  • GRと対バンするときに(するの前提で話してる)ぜったいコラボでやってほしい

3. 花鳥風月

  • からの花鳥風月
  • これなめらかな流れで最高ですね……
  • コンセプトアルバムのような流れだ
  • イントロがとにかく良い
  • アカシアにあった薄い澱みのようなものが落ちて少しだけ晴れ間が見える
  • 時間と物語の経過を感じる、良い
  • 印象的な和のフレーズ良いですね
  • イントロから鳴ってるフレーズがサビで存在感を増す」系の曲大好き芸人だからまじでこれ好き
  • 歌詞に曲名が入ってるとライブのときでもどの曲かわかるのでありがたいです(老人)
  • 一聴した感じアカシアより好きかもしれん
  • 2番「人はみな」の「な」の後の息遣いとリップ音ありがとうございますの気持ち
  • 桜が散る季節の午後に聴きたい
  • 桜が散る季節……
  • 今やんけ!!!!!
  • Highway Starを3/28にリリースしてくれてありがとう
  • 大サビのユニゾン最高です
  • 「花鳥風月」がそのまま音下がって終わりじゃなくて「げ」→「つ」で一音上がって続くのが本当に良いと思う
  • 余韻を残す旋律

4. Summer Lover

  • キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
  • トレンディーーーーー!!!!!
  • 自分の言う「トレンディ」は90年代の空気を感じるときを指します
  • アカシア→花鳥風月ときてここで完全に雲が晴れた、よかった
  • Bメロの半音いいよ〜いいよ〜〜〜
  • 「さまらばっ さまらばっ」
  • キラーフレーズすぎる
  • 小麦肌の魔法にかかる〜!
  • 彼らも『ビーチサイドのありがちなカフェ』とか言うんですね……『ありがち』とか……
  • セカンド(というかLDH)のこと、その「ありがち」をなんとも思わず当たり前に享受するだけの側だと思っててごめんね
  • 『まるでRoman Holiday』とかいう歌詞、本当に可愛すぎてどうしたらいいんだ
  • オラついたお兄さんたちの口からロマンチックでフェミニンな歌詞が出てくる破壊力やばすぎる
  • 資生堂アネッサ……
  • サマラバは資生堂アネッサ(伝われ)

5. POW!

  • ここからまたハード寄りの空気にもっていくのが良い、多彩さ
  • ねっさんの声とデジロックの相性いいですね
  • get loud!!!
  • やったーーーシェイケバリバリだーーーーー!!!!!
  • シェイケバリバリ大好き!!!!!
  • Bメロみたいな、短いフレーズが微妙に歌詞を変えながら続くの大好き
  • 折りたたみしたい
  • これ振り付けどんな感じなんだろう
  • ぜったい格好良いしぜったい見応えあるしぜったいアガる
  • うわ
  • 最後にそれまでBメロでさんざん聴いてきたラウドなフレーズがクリーンになってカタルシスをもって襲いかかってくるのやばすぎる
  • ライブでフォッフォッしたすぎる

6. Sex Me Up

  • "Sex Me Up"て
  • ライブでR18演出になるやつだ
  • 将吉くんのこと「国民の孫! カワイイ!」って言って育ててきたのに(※育ててない)信じて送り出した孫が"Sex Me Up"とかいう色気の塊みたいな楽曲を引っさげて帰ってきた全国のおばあちゃんたちどんな顔したらいいんだ
  • こんなん全オタクが要介護になってしまう
  • 生まれたての子鹿みたいになる
  • ウッ

7. Body

  • つなぎがすごい……
  • いやもうなんも浮かばん
  • Aメロ冒頭のアカペラやばし
  • ネオ90's
  • おかあさーん!!! セカンドお兄さんがいじめるーーー!!!!!
  • 色気で殺しにくる!!!
  • 助けて!!!!!
  • 怖い怖い怖い怖い怖い怖い
  • エロすぎて背中がぞわぞわしてきたなんだこれは
  • 耳から摂取するセクシー(要処方箋)
  • ライブではこの問答無用のセクシーを目からも強制的に摂取させられるのかと思うと耐えられない

8. HEROES

  • ガンダムっていうビッグタイトルのタイアップ曲が、ムーディー全振りのBodyからこんなにも自然に繋がるのかと
  • 曲順の組み立ての妙、アルバムというモノの面白さを感じる
  • 歌詞が男臭くて最高
  • サビが格好良すぎる
  • 男臭いアンセムだけど、サビのバックで鳴ってる音がやたら綺麗でサイバーなのがガンダムっぽいなと思う
  • ベースラインがあちこち動いたり跳ねたりしてなくてシンプルなのがまたそれっぽいというか
  • レーザービームっぽい
  • 作曲については完全に素人なので変なこと言ってるかもしれないけどとにかくそう思った

9. 日昇る光に 〜Pray for Now〜

  • イントロ好きすぎて変な声出た
  • 3-3-2のリズム大好き芸人
  • うわーーーーーシンフォニックなイントロからハードロックにつなげていただいてまことにありがとうございますお世話になります
  • ドラマチックな展開を持つ曲大好き
  • アルバム後半のここへきてまだ空気感変えられるのすごすぎる
  • 拳を突き上げたくなるなあ
  • 早くライブでBメロコーレスした〜い

10. Back 2U

  • やっぱりBack 2U好きだなあ……
  • サビの旋律に高音を持ってくる曲いいよね
  • ヴォーカルのチカラが際立つというか

11. Young Forever

  • しなやかな曲調すき
  • 『僕は君のこと虜にする完全無欠のインベーダー』!?
  • 歌詞が良すぎる……
  • 何度だっていつまでだって言うけどセカンドは歌詞にKISHOW感がありすぎるのでいつかぜったいGRとコラボしてほしい
  • 『いつかこのまま君をすり抜けてどっか遠くまで行っちゃいそうな一方通行な気持ち』……
  • やだ……
  • 好き……
  • こういう曲、どんな精神状態や体調でも聴けるはずだから、これから末永く人生をともにすることになるんだろうと思えて笑顔になった

12. On My Way

  • ライブ中盤でみんなでセンターステージに集まってセッションぽく演ってほしいなあ
  • アンセムすぎる
  • すでにライブでの情景を想像して泣いてる
  • 多幸感に包まれる

13. Last Goodbye

  • これで終わるのやばくないですか
  • 本当にコンセプトアルバムみたい
  • 正直これがライブであの位置にくると思ってなくて、「生で聴く」という要素以外に「セトリ(歌唱順)」という要素でもこれだけ楽曲の印象を様変わりさせて聴き手に衝撃を与えられるのかと驚かされた
  • ものすごいパワーを持った曲だと思う

終わりだよ〜

めちゃめちゃ良いアルバムだった。ライブ楽しみです。楽しみます。

Amazon

iTunes Store

Highway Star

Highway Star

  • EXILE THE SECOND
  • J-Pop
  • ¥2100

脳みそポヨポヨになりたいならこれ!『カンフー・ヨガ』

観ている間ずっと頭の上に「?」が500個くらいポヨポヨ浮かんでたので、後ろの列に座る人には邪魔だったかも。ってくらいヤバい映画だった。エンドロールをぼんやり眺めながら「自分は……自分は今なにを目撃したんだ……? 何を観たんだ……何だったんだこれ……」ってひたすら自問した。ジャッキー映画ってみんなこういう感じ(こういう感じ)なんですか? それとも今作がずば抜けてヤバかったんですか? それを確認する意味でも今すごく過去作を観てみたくなってる。

全編通して「こまけぇこたぁいいんだよ」のパワーが満ちあふれてた。HiGH&LOW程度(とあえて言う)で「設定ガバガバだからな〜」とかナメたことぬかしててまじですみませんでした、とどこへともなく謝りたくなったほど。ハイローなんて可愛いもんだ。

最近、映画を観たらすぐ手帳に感想をメモするようにしてるんだけど、『カンフー・ヨガ』のページにはこう書いてある。

ライオンとダンスしか頭に残ってねえ……

そう、「ライオン」と「ダンス」しか頭に残ってないのだ。鑑賞してすぐメモったのにこのありさまなのだ。ライオン可愛かったなあ。コミカル全振りみたいなポジショニングが最高だった。スリリングな要素の一つとして猛獣は鉄板だけど、カンフー・ヨガのライオンは「そうきたか!」という感じで、客席のあちこちからフフッと笑いが漏れていた。

笑えるとはいえ、カーチェイスは文句なしに超絶すごかった。合間あいまにライオンちゃんの「がおーん!」とジャッキーの「ウワーッ!」が差し込まれるので総合的には軽い口当たりなんだけど、とにかく車がドッカンドッカン吹っ飛んでて景気がよろしい。お金のかかってるカーチェイスは最高。あとインド人のスーパーヒーロー着地おもしろすぎた。そんなんありかよ!(CV: 高橋一生)

どのシーンどのカットを思い出しても「で結局なんだったのあれ」ってなるの面白すぎる

冒頭のインド版戦国無双なんだったのあれ。財宝が氷の下に眠ることとなったいきさつを描くにしてももうちょっと軽めのなんかこう、あったやろ他に。なんで前菜に家系ラーメン出してくるんだよ。長尺だしCGに気合い入りすぎてるし、途中で「このまま2時間突っ走る気か?」って不安になったし(それはそれで超観たい)。

タイトルであるところの『カンフー・ヨガ』というフレーズすら、鑑賞後には「いや結局なんだったんだこれ」ってポスターにツッコむしかなくなるのがすごい。カンフー定食のハーフとヨガ定食のハーフがセットになってるのかと思って食堂に行ったら、マジックペンで「ヨガ」って書かれたすりごま容器がちょこんと置かれてるだけのカンフー定食が出てきたみたいなもんだったでしょ。ほぼほぼカンフーやんけ。しかもヨガよりはるかにでかいインドダンスがデザートについてきたせいで胃がびっくりしてしゃっくり止まんない。ヨガってなんなんだ。カンフー・ヨガってなんなんだ。クルーに一人くらい「これタイトル『カンフー・インドダンス』のほうがよくない?」って言う人おらんかったんか。衝撃的すぎて喩えもままならなくてなんか腹立ってきた。いけないいけない、こんなときこそ深呼吸……ヨガの呼吸法が役に立つのよ……。

円盤化・配信されたらまた観るわ

腹は立つけど絶対もっかい観たい。こんなに全力で振り切ってる映画が現代に存在していていいんだ、という衝撃。世界中の誰が観てもニコニコさせられる楽しさ。お茶目で機転がきいてモテモテで強くて最高にチャーミングな「ジャック」という存在の強さ。本当、ジャッキー・チェンってすごいんだなあ。

そしてジャックの助手の男子(カワイイ系)と甥っ子(カッコイイ系)、どっちもそれぞれ魅力的で印象に残った。助手くんはインドダンスのキレがひとりずば抜けてたのでアイドルなんだろうな〜と思ったら合ってたっぽいので、所属グループにちょっと興味がわいてきてる。こういう出会いも面白いので、これからも色んな映画に触れていきたいな。

  • 鑑賞日: 2018/01/21

これが文化部のエクストリームスポーツだ

メモ帳をほぼ使い切ったので、同じものを新しく買った。

手のひらサイズの「あの」原稿用紙。名刺よりも一回り大きいくらい。セブンで買える。

ぺりぺりと切り離せるので、主に郵送物に添える一筆箋として使ってた。時候の挨拶も要らないような「お元気ですか。約束してたもの贈ります。またね」くらいのメッセージにぴったり(もちろんマス目は盛大に無視して書く)。あとは、ちょっとしたお礼でアルフォートとか買って渡すときに添えたりとか。直近だと、twitterの #いいねした人に手書きでなんか書く みたいなハッシュタグに乗っかったときにも消費した。

このメモ、とにかく受けがよい。なぜなら、だいたいみんなこの原稿用紙に見覚えがあるからだ。夏休みの宿題とか、「工場見学の思い出」みたいな作文とか、一瞬でフラッシュバックしたそれらのノスタルジーが「うわ懐かし!」という言葉になって出力される。それを「そうじゃろうそうじゃろう」と仙人みたいな顔で眺めるのが楽しい。

オマージュとかではなく、ほんまもんのコクヨとのコラボなので、細部までしっかりそのまんま。紙もたぶん一緒なんじゃなかろうか、薄くてちょっとだけかさついているこの感じ。そう、一般的なびんせんやふせんより断然薄いので、何枚か切り離して手帳に挟んでおくと急なお礼や手土産などの諸々に対応できて「そういうとこちゃんとしてる人」って感じになれる。なりたい。

ただしこれ、公式サイトによると中国・四国・九州のみの販売らしい。ほかの地区では、ふせんバージョンが売られてるみたい。ちょっとしたものに添えるなら、こちらのほうがのりやテープ要らずで便利そう。

ジャポニカ学習帳型のミニノートもあるらしい……九州ではキャンパスノート型だ。


自分がコクヨの原稿用紙を見て真っ先に思い出すのは、中学生のときに通っていた塾の自習室。夏休みの折り返し地点、登校日が提出期限になっていた読書感想文が書き終わらなくて、当日の夜に慌てて原稿用紙を埋めている自分がそこにいる。登校日『当日の夜』であって『前日の夜』ではない。つまり既に間に合ってない。間に合ってないんだけど、「日付が変わるまでが登校日やろがい」の精神で追い込みをかけているのだった。「追い込み」というよりは「追い込まれ」というか、追いすがるというか。

登校日当日、全校集会や部活が終わったあと家に帰る間も惜しくて、通学路にある塾に立ち寄って感想文を書き上げて、また学校に戻り、職員室にスッと忍び込んで先生の机にフワッと原稿用紙を乗せ、ダッシュで家に帰る、というエクストリームスポーツに挑んだわけで、今思い出しても「何やってんの」と言うほかない。もちろん当時母にもまったく同じ言葉をかけられてるので安心してほしい。

アホ極まりない流れで提出された読書感想文だけど、内容としてはそこそこいい線いっていたようで、なにかの賞に選ばれた気がする。そのとき自分は先生の顔を思い浮かべて「提出が遅れた作文にも賞に応募する権利をくれたんだなあ、個別のものごとを切り離して考えるすごい大人だなあ」というようなことを考えていた。どのツラ下げてお前。

なにかの賞に選ばれた気がする

もらった賞がなんだったのか忘れているのは、それが満足いくものではなかったから。地区の銀賞か特別賞か……とにかくトップの賞ではなかったと思う。とはいえ、「まあそんなもんだろうな」という感じで、満足ではないものの納得感はあった。それはそれは追い込まれた状況で書き上げたので、最後の締めが平凡になってしまったという自覚があったのだ。出だしは割と目を引く感じで独自性が出てたんだけど、なんかありきたりなまとめになっちゃったな、もうちょっと練ってればもう一つ上の賞が獲れてたのかもしれない。あーあ、やっぱりギリギリにやるのははだめだな。ギリギリにやるのはだめ。

書いてて若干胃が痛くなってきた。そう、ギリギリにやるのはだめなのだ。2018年の目標は全日本ギリギリマン協会から名誉の除名処分を受けることです。がんばります。

褒められとノー褒められの分岐

会社の朝礼では、交代で社員ひとりがスピーチをすることになっている。こないだ会社の人たちと雑談していたとき、ひとりが「わくさんは朝礼のスピーチがいつも面白いですよね」と言ってくれた。他の人たちも「あ、それいつも思ってた」「面白い」とノッてくれた。「わくさんが話してた豆知識、朝礼終わってすぐにうちのチームの人が試してましたよ」とか。

前の会社にも同じように当番制のスピーチがあったんだけど、自分がスピーチ当番をつとめる回の朝礼前には、偉い人からよく「いい? 適当でいいんだからね?」「長々喋らなくていいからね」と言われていた。その口調や表情などなどから考えると、なんというか、自分のスピーチがよく思われていないのは明らかだった。

今の会社でスピーチを褒められるたび、前の会社でかけられていたそれらの言葉を思い出す。同じようなスピーチをしていても、受け止められ方がこんなに変わるのか。こういうところで転職の影響力を実感するとは予想してなかった。

書き添えておくと、前の会社の人たちが性格悪いとかではない。前職は結構な激務がデフォルトで、自分も含め社員全員が常に疲れていた。『社員全員が常に疲れていた』って文字にするとあらためてやばいなと戦慄するけど、本当にタフな環境だったのだ。だから、起立して聴かなければならないスピーチに面白さなんて求めていられなくて、「なんでもいいから早く終わってほしい」と思わざるをえなくなっていたんだと思う。それでも自分は面白さを求めたくて、長えよって顔をされながらつらつらと喋っていたわけだけど。とはいえ心の底には、「スピーチを通して自分の人となりを知ってほしい」という気持ちもあったから、エゴっちゃエゴだったんだよな。押し通すのもほどほどにしとくべきだったのかもしれない。今となってはわからない。

今は、ネタになりそうなことを思いついたらふせんに書き足して、会社のデスクに貼っておいてる。自分にとってスピーチ当番は楽しみのひとつなので、せっかくなら聴く人たちも面白がってくれればいいなと思う。そしてできれば、前の会社の人たちが少しでも元気でいてほしいなとたまに思いを馳せている。

現在の最近

「いつもやってること」を定期的にまとめたら面白いんじゃないか(自分が)と思って。

目覚まし

本当にほんとうに朝が苦手なので、セーフティネットとして数え切れないほどのアラームを設定している。最初に鳴るのは、ここ数日使っているMakeSのアラーム。AIコンシェルジュのセイくんが穏やかな音楽とともに起こしてくれる。

f:id:Wakupedia:20180215225343p:plain:w320

ただし起きれたことはない。

次のアラームには、HONEST BOYZの『要!』を設定してる。イントロが警報っぽいので割と起きられる。でも最近すっかり脳が慣れて「まだ1回目だからもうちょい寝れるな」とか余裕かましてスルーするようになってきたので、そろそろ他の曲に変えたい。

以降、数分おきに『要!』が鳴り、それでも起きないとデフォルトのアラーム音が鳴り始める。これは「マジでヤバいゾーン」に到達した証なので、さすがにのそのそ起き上がる。

f:id:Wakupedia:20180215225520p:plain:w320

夜通しリピート再生しているyoutube(後述)を停止し、布団から出る。

支度

以下、自分ルールです。

  • 家を出るまでtwitterとゲーム禁止
  • 3つのうち「好きなものからやる」
    • 布団をあげる
    • 身支度を整える
    • お湯を飲む

好きなものからやる、というのはただの気持ちの問題。起き上がったはいいものの、布団をたたむ気力がなくてぼーっと正座したまま数分経過……ということが日常茶飯事だったので、時間がもったいないなあと思ってルールを設けた。布団をたたむのが面倒だったら、そのまま放置して朝食を食べていい。お気に入りの服を着ることから始めてもいい。逆になかなか服が決まらないときは、布団をたたみながら考える。1分1秒が貴重な朝は、とにかくなんでもいいから手を止めないことが大事なのだ!

支度している間は、iPhoneのyoutubeアプリで動画を垂れ流している。初めて観るものだとつい聞き入ってしまうので、見慣れたものだけ。落ち着いた声の人がのんびり話すような内容がベスト。

PCではなくiPhoneなのは、手軽だから。PCだと、家を出る前にわざわざそこまで行って再生を停止させる必要があるけど、iPhoneならポケットに突っ込むついでにスリープボタンを押せば再生が止まるので良い。テレビも同じく、リモコンを手にとって消すのが面倒なので不採用。

防寒対策

貼るタイプのカイロを毎日使う。肌着の背中、肩甲骨の間に縦向きに貼ってから着る。ここを温めると効率的に体が温まる、とどこかで聞いて以来、冬はほぼ毎日これ。心臓のあたりが常に発熱して「俺がジプシー・デンジャーだ……」みたいな気分になれるのでおすすめです。

f:id:Wakupedia:20180215231021p:plain

アップライジング楽しみですね。

上着はダウンジャケット。初売りでビビビときて(これ死語なんだろうか)買ったものなんだけど、すごく気に入ってる。後ろの身ごろが長いのでおしりが隠れて暖かいし、ベルトでシルエットを若干すっきりさせられるし、色柄も好みでテンションが上がる。

移動

最寄り駅のホームに到達したら、ゲームにログインしたりLINEに返信したりする。電車の中でも続行する日もあれば、寝るときもある。できれば電車で欠かさず読書する文化的な出勤をしたいものだけど、朝はまじで年中眠いのでなかなか実践できてない。

イヤホンで何かしらを聞いていることが多い。音楽はiPod classic、録音しておいたラジオはPodcast化してiPhoneで聴いてる。寝るときは「おだやか」というプレイリストを再生しておだやかに寝る。

仕事

日々がんばっている。

移動

帰りは朝ほど眠くないので、iPhoneで読書したり日記を書いたりすることもある。読書はKindle純正アプリ、日記はUlyssesで。

博多駅を毎日利用しているんだけど、とにかく買い物の誘惑がすごい。キッテ、マルイ、阪急、アミュプラザ、ヨドバシ、東急ハンズ、丸善、100円ショップ、エトセトラエトセトラ。あまりにもやばすぎるので「寄り道しない」を徹底するようにしてる。朝のルールもそうだけどなんか年々小学生みたいになってきてるなと思う。

手洗い、うがいを忘れずに。最近がんばっているのは「0時までにお風呂に入ること」。こう書くと本当に小学生みたいでやばい。

寝るときは、youtubeで何かしらの動画をリピートする。最近は、人の声がしているほうがすんなり眠れるので。ここ1, 2ヶ月は、バーチャルyoutuber・キズナアイちゃんのINSIDE実況(初回)に落ち着いてる。長いので飽きないし、声が可愛いので癒される。chromeの拡張機能でリピートしておいて、翌朝起きたら止める。おやすみタイマー的な拡張機能があればそれを使いたいなと今思った。

以上です

以上です。こういうやつ、他の人のも聞いてみたい。